【TEPPEN】【新カードパック紹介/考察】DAY OF NIGHTMARES 第1弾先行カード

TEPPEN
スポンサーリンク

【TEPPEN】【新パックカード考察/紹介】DAY OF NIGHTMARES 第1弾先行カード

リン
リン

グリザットさん!新パックのカード楽しみですね!

グリザット
グリザット

ん?なにそれ新パックってCOREカードパックのこと?

リン
リン

何言ってるんですか!「DAY OF NIGHTMARES
と言われている新しいパックですよ!

グリザット
グリザット

え!!???もう新しいカード出るの!?
また覚えることいっぱいだぁ

リン
リン

もう本当に何も知らないんですね。。
しょうがないですね。。どんなカードが出るか紹介してあげますよ

という事で新カードパックの「DAY OF NIGHTMARES」で排出される
カードの紹介と考察をしていきます。

スポンサーリンク

DAY OF NIGHTMARESとは?

こちらの意味は拡張パックのメインテーマとなっています。
『ラクーンシティ』での悪夢と陰謀が描かれた新カードパックとして9月に追加される予定です。
今回は新能力「探索・波及」という能力が追加され、
パックのサムネに載っているヒーローの「ジル・バレンタイン」と相性良いパックと推測されています。

新能力

探索 波及
デッキ外から指定カードを新たに見つけ出しEXポケットに加える 攻撃でユニットにダメージを与えた時、その隣の枠のユニットにも半分のダメージを与える

今回のカードパックの推測

今回のパックでは、新能力を活用したカードが多数出てきます。
特に探索で手に入れたカードがかなり強力なものが多い為、
今回のパックで戦略的にもかなり幅が広がるのではないかと思われます。
波及は、半分のダメージを隣枠ユニットに与えるという事ですが、
奇数「3・5・7」のような数字が隣に何ダメージ与えるか気になりますよね。
切り上げだと、3でも2ダメ与えられるし、5だと3ダメージはなかなか強力
Xデッキがかなりきつくなりそうです。

新パックカード紹介/考察(第一弾)

武神の開眼

カード名 武神の開眼
No. DON 023
種別 アクション
レアリティ エピック
MP 1
カード効果 探索を持つ味方ユニット1体は探索する、入手したカードのMP-1

考察

この「武神の開眼」は今回のパックのキーカードになりそうです。
なんといってもMP1消費で使いやすい。更に今回パックの探索を使用するという事。
探索したカードには強力なカードがいくつもある為、
そのカードをMP1マイナスにして、使用できるのはかなり強力ではないでしょうか?
探索で手に入れたカードはMP1で使用できるものばかりなので、
手に入れたカードをMP消費なしでカードを実行することが出来、かなり強いカードになっています。

レオン・S・ケネディ

カード名 レオン・S・ケネディ
No. DON 006
種別 ユニット
種族 人間
レアリティ コモン
MP 3
攻撃力 2
HP 3
カード効果 死亡時:闘志を探索

闘志

カード名 闘志
No. T023
種別 アクション
レアリティ コモン
MP 2
カード効果 味方ユニット1体に+2/+2

考察

この「レオン・S・ケネディ」は、死亡時に探索を行い、「闘志」カードを獲得します。
この「闘志」カードは、かなり強力なカードです。
ただこのカードを使用するまでのコストが少し高いかなと感じます。
理由は、「レオン・S・ケネディ」が死亡するまで、闘志カードを手に入れることが出来ない為、
かなり使用するまでに段階を踏まないといけなそう。
武神の開眼」を使うことが出来れば、コスト1で闘志を手に入れることが出来るので、
そういった面では強いカードになれるかも?

セルレギオス

カード名 セルレギオス
No. DON 010
種別 ユニット
種族 モンスター
レアリティ レア
MP 4
攻撃力 1
HP 6
カード効果 <空戦><連撃>

考察

この「セルレギオス」は4コストで空戦、連撃持ちの強力なカードです。
赤系のデッキとかなり相性が良く、攻撃力を一気に高められるカード(信頼の力等)を組み合わせれば、一気に優位に立てるカードだと思います。
このカードを中心にデッキを組み立てれることが出来れば、
空戦から一気に相手を削りきるカードだと思います。

ウィロー

カード名 ウィロー
No. DON 033
種別 ユニット
種族 人間
レアリティ レア
MP 6
攻撃力 2
HP 7
カード効果 プレイ時 : 波及を探索
撃破 : +1/+2

波及

カード名 波及
No. T017
種別 アクション
レアリティ レア
MP 1
カード効果 味方ユニット1体に+1/+2 <波及>付与

考察

この「ウィロー」は今回の新能力である
波及」能力を持つカードを取得できる探索を持っています。
コストは6と少々重いカードですが、それに見合う能力を持っているかと思います。
探索で手に入る波及は波及効果をつけるだけではなく、能力事態も上がる為、
自身に使用してもよいし、他キャラに付け加えてもカードかなと感じています。
コスト7で3/9の撃破/波及効果持ちキャラクターと考えれば、
十分使えるカードではないでしょうか?

エイリア

カード名 エイリア
No. DON 038
種別 ユニット
種族 マシーン
レアリティ エピック
MP 4
攻撃力 2
HP 1
カード効果 <シールド>
死亡時 : ライドアーマー・キメラを探索、入手したカードのMP-2

ライドアーマー・キメラ

カード名 ライドアーマー・キメラ
No. T018
種別 アクション
レアリティ エピック
MP 3
カード効果 味方ユニット1体に+2/+2 <シールド>付与

考察

この「エイリア」は、探索でライドアーマー・キメラという、
強力なシールドカードを獲得できます。
ただ、MP4というコストを使って、死亡時まで手に入らないカードを
取得しようとするかは悩ましいところです。
このゲームは自分主導で使えるカードが強い傾向があって、
相手主導だとどうしても後手に回ってしまい、相手に主導権を持たれたままになってしまいます。
この死亡時というのは、自身で破壊するようなカードがない限り、
相手に主導権を持たれてしまうカードです。
自身のカードをつぶすようなカードがあれば、強いカードになりうるとは思います。

暴嵐の支配 クシャルダオラ

カード名 暴嵐の支配 クシャルダオラ
No. DON 042
種別 ユニット
種族 モンスター
レアリティ レジェンダリー
MP 6
攻撃力 2
HP 6
カード効果 <空戦>
場にいる間 : 自身に与えられる3以下のダメージを1にする
敵ヒーローにダメージを与えた時 : HP5以下のランダムな敵ユニット1体をデッキに戻す

考察

この「暴嵐の支配 クシャルダオラ」は、今回のパックの目玉かと思われます。
このカード中心のデッキが構築されるような能力を持ち合わせていて、
特に「空戦持ち」で「敵ヒーローにダメージを与えた時」が強すぎる。
HP5以下のモンスターは、問答無用でデッキまで戻される為、
リベンジデッキとかなり相性良いようなカードじゃないでしょうか?
リベンジじゃなくとも、HP5以下のカードはかなり多いと思うので、
このカードが場に出るだけで戦況を変えれそうです。
クシャルダオラデッキ?なるものも出来て、
上位に食い込むようなデッキもできるのではないでしょうか?

ベクター

カード名 ベクター
No. DON 063
種別 ユニット
種族 人間
レアリティ エピック
MP 4
攻撃力 1
HP 5
カード効果 プレイ時 : 自身以外にMP4の味方紫ユニットがいる場合, +1/+3
場にいる間 : 自身の攻撃はブロックされない

考察

この「ベクター」は、こちらも新能力であろう「ブロックされない」という能力を持っています。
この「ブロックされない」というのは、空戦よりも強力なもので、
相手が例え空戦持っていてもそれを通り越してヒーローに攻撃を与える能力です。
これだけを見ると強力なのですが、ベクター自身の攻撃力が低いので
能力をどれだけ高められるかが肝になってきそうです。
MP4の味方紫ユニットがいれば~系の能力が今回紫では多そうなので、
低コスト紫デッキなるものも出てくるかもしれません。

ティガレックス

カード名 ティガレックス
No. DON 062
種別 ユニット
種族 モンスター
レアリティ エピック
MP 7
攻撃力 4
HP 7
カード効果 <臨戦><俊敏><波及>
呼応 : 自身を封印する

考察

この「ティガレックス」は、使いどころをしっかりと見定めれれば使えるカードかと思います。
コストが7なので、使うタイミングをしっかりと定めて、カード効果を存分に使える真ん中に配置するのがベストかと思います。
呼応で自身の効果をなくす為、アクションカードを使ってしまうとカード効果も向こうになってしまいます。
なのでモンスターカードを多く入れて戦う紫デッキといった新しいデッキも出来そうですよね。
面白いカードかなと思います。

エイダ・ウォン

カード名 エイダ・ウォン
No. DON 054
種別 ユニット
種族 人間
レアリティ コモン
MP 3
攻撃力 2
HP 5
カード効果 プレイ時 : 隠密を探索

隠密

カード名 隠密
No. T020
種別 アクション
レアリティ コモン
MP 2
カード効果 味方ユニット1体はブロックされなくなる

考察

この「エイダ・ウォン」は、探索で「隠密」カードを取得することが出来ます。
隠密カード自体はかなり強力ではありますが、「エイダ・ウォン」自体がそこまで強くない為、
そこまでして隠密カードを取得する価値があるのかと考えてしまいます。
現状だとフックショットで俊敏持ちのキャラに空戦をつけるのがいいのかなと思います。

ハイマックス

カード名 ハイマックス
No. DON 086
種別 ユニット
種族 マシーン
レアリティ レア
MP 5
攻撃力 2
HP 5
カード効果 <空戦>
<リベンジ> : +2/+2

考察

この「ハイマックス」は、空戦持ちのリベンジカードです。
リベンジでデッキ戻すためには、自身で破壊し、
リベンジを持たせるのが一番やりやすい方法かなと思います。
空戦を持っているので相手の攻撃でこのカードを壊すのは難しいかと思います。
ただコストが5なので、そこまでしてリベンジを持たせるかという感じです。
使うなら、このカードで空戦で少しずつ攻撃をヒーローに与えつつ、
残り二枠でフィニッシュさせる気持ちで戦うとか、
他の色のカードと組み合わせても面白いかもしれません。

アルバート・ウェスカー

カード名 アルバート・ウェスカー
No. DON 090
種別 ユニット
種族 人間
レアリティ エピック
MP 5
攻撃力 0
HP 3
カード効果 プレイ時 : <リベンジ>が発動した回数+1/+1

考察

この「アルバート・ウェスカー」は、回数加算式の能力を持っています。
リベンジデッキとかなり相性が良く、終盤にかけてかなり強いカードになるカードです。
最序盤で持ってしまうと弱いカードだと思うので、とにかくデッキを回して、
このカードでフィニッシュさせるようなデッキを構築できれば面白いかと思います。

VAVA MK-Ⅱ

カード名 VAVA MK-Ⅱ
No. DON 088
種別 ユニット
種族 マシーン
レアリティ エピック
MP 4
攻撃力 2
HP 5
カード効果 死亡時 : 侵略を探索

カード名 侵略
No. T029
種別 アクション
レアリティ レア
MP 3
カード効果 MP5以下の敵ユニット1体を破壊

考察

この「VAVA MK-Ⅱ」は侵略カードを探索できるカードです。
侵略」は強力カードではありますが、侵略を探索するまでの敷居が高いかなと思います。
もし死亡しなくても、侵略カードを引っ張ってこれるようなカードが出現すると
一気に強いカードに躍り出るかもしれません。

まとめ

今回のパックでは、探索がかなりの主軸になりそうです。
一点の気付いたことは、コストがそこまで高いカードがない。
探索ありのものは、5コスト以内のものなので、
これは他色のカードと組み合わせてデッキを組むことを推奨するようなパックなのでは?
と感じています。
そうなると戦略の幅もやはり広がるので、非常に楽しみなパックかな思います!
今後も新パック情報を追っていきたいと思うので、是非楽しみにしてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました